コラム Column

new face:インターン鈴木「大学2年でインターンを始めたわけ」

その他   2014/12/11  

はじめまして!
10月よりインターン生として参加しています、鈴木陸矢です。

陸矢(りくや)という名前は少し珍しいかもしれませんが、
先日、自分の名前の候補に「陸」「陸斗」という名前の他に、
嘘か真か「地球(アース)」があったという話を母から聞き、
自分が危うく所謂キラキラネームのパイオニアになるところであった…
と恐怖を覚えました。

advance.jpg

それはさておき、
現在私は大学2年生なのですが、

そもそも 「何故今からインターンをしようとしたのか」
そして 「何故フォワードを選んだのか」について、記していきたいと思います。

今年の夏、所属しているサークルが一区切りついたところで、
何か新しいことを始めてみようと考えました。

そんな中で、“そもそも世の中にはどんな仕事があるのだろう”という「好奇心」と、“社会人と働くという高いレベルが求められる環境に身を置くことで非力で凡庸な自分を少しでも高めたい”という「向上心」から、インターンを始めることを決意しました。

そして、募集を見る中で一つの会社が目に留まりました。
それが、「ブランドコンサルティング」「スポーツ」事業を行うフォワードでした。

元々見栄っ張りな性格から、ブランド品は嫌いではなかったので、
「ブランドを創る」という点が、そんな自分の興味をそそりました。

加えて、スポーツ好きの自分にはスポーツマネジメントも行っている点も引っかかり、
そして何より「メッシ越え、バルサ越え」というメッセージから、
大きな目標に対する熱いものを感じ、フォワードに応募することを決めました。

その後、幸運にも採用され、今に至ります。

そんな経緯で働くことになったフォワードですが、
一緒に働く人々は皆さん一癖も二癖もある個性的な人たちなので、
職場はとても刺激的です。

インターン生だから・・・

というようなことは全くなく、業務を通して自分の未熟な点を再認識する日々ですが、
どんどんどんどんスポンジのように様々なことを吸収して、
フォワードに少しでも多くの貢献をしたい、というのが私の目標です。

一日でも早く結果を出せるように、フォワードらしく「前向き」に精進致します!

以上、拙い文章をここまで読んでくださいまして、ありがとうございました。

このページの先頭へ戻る