コラム Column

new face:中途入社早川「自分自身のリーダーは、間違いなく自分である」

その他   2015/02/19  

こんにちは。2月中途入社の早川豊敬(とよたか)です。
この場を借りて、簡単に自己紹介させて頂きます。
(入社して2週間。フォワードの元気印と自負していますが、この場は真面目にいきます!)

brain.jpg

■幼少時代

「2つ上の姉、双子の兄(自分が相方)、2つ下の弟」の4人兄弟で、何不自由なく幼少期~大学時代を過ごす。ただ、“双子”に起因するのか、【常に周囲との比較で、自分を測る癖】が拭えず、「自分は○○がしたい。自分に勝った。」ではなく、「周りがやっているから○○しよう。相手に勝った。」の人生を歩み続けていた。

就職活動を迎え、新卒で入社することになる組織人事コンサルティング会社との出会いで考え方が変わった。「人を“ものさしで測る”ではなく、“器で捉える”」「One for ALL,ALL for Oneを実現する」全てのメッセージに心が躍ったのを覚えている。これまで触れた事のない世界・見たことのない視界を得られると思い入社を決意。

 

■前職の経験

2008年4月~2015年1月、上記組織人事コンサルティング会社に所属。

入社1年目を除き、約6年間新卒採用領域のコンサルタントとして、各業界の大手企業様に対する「採用戦略立案」「各種イベント企画制作」「トレーニング講師」等の仕事に従事。

“身の丈を超える人材の獲得”実現(長期視点では、One for ALL,ALL for Oneを実現する組織創りに必須の人材の獲得)に向けて、学びの日々。理想論では現場が動かない事、危機を煽るだけでは人はついては来ない事など、人・組織の在り方を肌身で吸収できたのが、自身にとって大きな財産。また、お客様・社内に恵まれた事もあり、「真正面から向き合ってくれる・期待してくれる相手へ感謝を持つ事」「いかなる状況・相手でも奢ることなく、謙虚で居る事」が染みついている。前職で関わった全ての人々に感謝。

 

●フォワードへの入社

1月中下旬に、社長(前職の1年目配属部署先輩)との電話・面談をしたのがきっかけ。

「自分自身のリーダーは、間違いなく自分である」「たった一度の人生、たった一人の自分。どうあるべきか」を考えていた中、お前がやりたい様にやればいいよ。と言ってくれたのが大きかった。フォワードに根を張り、ブランドコンサル事業を支える側に1年以内に辿り着き、将来の夢である、アーティストに特化した人財マネジメント事業・会社の設立に精進します。(この理由については、是非お会いした時に!)

このページの先頭へ戻る