サービス/組織強化コンサルティングOrganization development consulting

組織強化の考え方

フォワードが考える組織強化の考え方についてご紹介致します。

「組織文化」に着目する重要性

事業戦略を遂行していくにあたり最も重要なことは、戦略の遂行に最適な組織文化の構築・浸透です。
昨今では、外部・内部環境変化によって戦略・方針の転換を打ち出している企業が多いものの、組織文化変革まで手を付けないために戦略・方針がスムーズに転換・遂行がうまく進んでない企業が多く見受けられます。

変革を阻む組織文化の特徴

組織文化変革を進めるうえで、まずは以下のような文化そのものの特徴を捉えることが重要です。
1.目に見えないこと(不可視)
それぞれの印象論の中にあり、”自分たちの文化とは何か”の共通認識が持ちづらい
2.蓄積され染みついたもの(固定観念)
自分たちにとっては当たり前すぎて、組織の中にいると自分たちの文化を認識できていない
3.上位者の影響力が強い(権威影響)
組織における上位者の言動・振る舞いの影響力が強い

組織文化変革のステップと弊社のサービス

フォワードでは、組織文化変革を進めるために必要なステップに沿い、以下のソリューションを提供しています。

①組織文化の可視化・現状把握

  • 組織文化調査
  • 理念・ビジョン・バリュー浸透度調査
  • ES調査
  • 営業組織文化診断

②構築すべき組織文化の方向性策定

  • 組織文化変革コンサルティング
  • 理念・ビジョン・バリュー・行動指針策定・浸透コンサルティング

③構築施策の実行(研修・ワークショップ、制度・プロセス、コミュニケーション)

  • プロフェッショナルスタンス研修
  • 人事制度構築・運用コンサルティング
  • 営業強化コンサルティング
このページの先頭へ戻る