セミナー情報

2017/12/13

-12月13日(水) 16:00~18:00-

「BtoB企業のためのブランディング手法と成功例」

~競争力のあるBtoBブランドは、「理念」と「人」によって創られる~

BtoB企業のためのブランディング手法と成功例.jpg

■BtoBブランディングの利点はセールスだけではない
BtoB企業にとって、ブランディングは「費用対効果の低い広告宣伝活動」という捉え方をされているケースも多いです。

しかし、そうではありません。

BtoB企業にとってブランドとは、「新規顧客の引き合い増加」「信頼感による決定率の向上」「値引き抑制」など、セールスに直結するメリットだけでなく、「仕入先などとの交渉を優位に運べる」「従業員のロイヤリティが向上する」「採用で優秀な人材を獲得できる」など、企業の収益性・競争優位性を高める経営基盤として機能するものなのです。

■BtoBブランドは「理念」と「人」によって創られる
BtoCだけでなく多くのBtoB業界においても商品やサービスの成熟化・同質化が進んでいる昨今、ブランディングに力を入れ始めたBtoB企業も少なくありません。では、BtoB企業における「ブランド」はどのように創られるのでしょうか?

このように問いかけると、TVCMや業界誌へのへの広告出稿などを思い浮かべる方が多いかもしれません。ただし、このような施策は「認知度」を一定程度高めるには有効と言えますが、それだけで「ブランド」が創られるわけではありません。「ブランド」を創ろうとして「広告」だけに注力することは、まさに「費用対効果の低い」取り組みになってしまうことでしょう。

多くの場合、BtoB企業における最大の顧客接点は営業やアフターサービスなどを担う「人」です。

どれだけTVCMで素晴らしい言葉を謳い、良いイメージを醸成したとしても、実際に顧客と接する「人」がそのイメージとかけ離れていたら、その企業に対して「ブランド」を感じるでしょうか?反対に、CMや広告を一切行っていなくても、接した「人」が”その企業らしさ”を体現していた場合はいかがでしょうか?

顧客接点における「人」の重要性が高いBtoB企業だからこそ、
・企業(ブランド)の理念やコンセプトを明確にする
・その理念やコンセプトを「人」に浸透させ、「人」を通じてブランドを創る

という考え方が必要になるのです。

もちろんそれは営業やアフターサービスなど直接顧客と接する「人」に限りません。
企画開発・生産などを担う「人」に理念やDNAが強く浸透している企業ほど、他社と差別化された”自社らしい”商品やサービスが産まれてくるものです。

本セミナーでは、「アウターブランディング」と「インナーブランディング」両方のノウハウを持つ株式会社フォワードが、

・BtoBブランディングの体系的な考え方
・すぐに取り入れられるBtoB企業アウターブランディングの手法
・ブランドを創る「人」を育てるインナーブランディングの手法
・成功事例

についてお話させていただきます。


【セミナー概要】

■セミナー講師:
株式会社フォワード
代表取締役   加藤 明拓

■対象:
・BtoB企業の経営者、経営企画部門責任者、ご担当者
・広報部門責任者、ご担当者
・人事部門責任者、ご担当者
※同業他社様からのお申込みはお断りさせて頂く場合がございます。
※1社2名様までとなります。

■日程:
2017年12月13日(水) 16:00~18:00 (受付15:30~)

■会場:
東京都中央区八重洲1-2-16 TGビルディング
TKP東京日本橋カンファレンスセンター
本館1階 カンファレンスルーム102

東京メトロ銀座線・東西線「日本橋」駅 A1出口 徒歩1分
JR東京駅 日本橋口 徒歩4分

アクセスはこちら
http://tkp-nihonbashi.net/access/

■参加費:
無料

■お申込み方法:
下記フォームよりお申込ください。
※「送信する」ボタンを押すと情報が送信されます。入力内容にお間違いのないようお確かめください。
※2名以上お申し込みの場合は、それぞれの方についてご入力ください。

 

このページの先頭へ戻る