セミナー情報 Seminar

セミナー情報

【7月14日追加開催】マーケティング部門責任者向け「価値観マーケティングセミナー」


本セミナーは終了致しました。

-7月14日(木) 16:00~18:00-

マーケティング部門責任者向け

「価値観マーケティングセミナー」

消費者の”価値観”を捉えることでマーケティングが変わる

 

ブランディングやマーケティングに携わる方にとって、消費者ニーズの理解やインサイトは永遠のテーマです。

しかし、様々な商品・サービスや情報が氾濫し、”消費の成熟化”が急速に進んでいく中で、
真に消費者を捉えたマーケティング活動の難しさに頭を悩ませている企業様も多いのではないでしょうか。

「自社のターゲットがいまいち明確に定まらない」
「ターゲットに関する理解が曖昧、社内の認識がバラバラ」
「消費者ではなく競合を意識した後追いのマーケティングになってしまう」

などの具体的なお悩みもよく聞かれます。

そこで今回弊社では、消費者の「価値観」に着目することで、
深いターゲット理解に基づいたマーケティング活動を可能にする実践的な手法論をご紹介します。

本セミナーでは、
■従来のマーケティングと「価値観起点」のマーケティングの違い
■現代の消費を捉える「日本人の8つの価値観」
■消費者の「価値観」を自社の商品やプロモーション企画へ繋げる考え方

のような価値観マーケティングのポイントを、
事例や体験ワークなども交えながら詳しくご説明させて頂きます。

 

詳細はこちらから

【6月1日初開催】インナーコミュニケーションセミナー

本セミナーは終了いたしました。

-6月1日(水) 16:00~18:00-

広報・経営企画部門ご担当者向け

「インナーコミュニケーションセミナー」

~ビジョン浸透や従業員のロイヤリティ向上で事業の成長を支える~

セミナー風景.jpg

近年、市場の成熟化やグローバル化、ダイバーシティ推進のような社会的価値観の変化など、企業を取り巻く社会環境が急速に変化していることに対応して、改めて企業理念やビジョン、ブランドを見直し対外的に発信する企業が増えてきています。

それに伴い、広告宣伝、広報・PRなど「対社外」のコミュニケーションは
スマートフォン、SNS、動画など新しいIT技術やメディアの活用等も交えながら、日々進化してきています。

その一方で、社員や従業員など「対社内」のコミュニケーション活動はどうでしょうか。

「インナーコミュニケーション」という対社内のコミュニケーション活動を表す概念も徐々に浸透してきてはいますが、
それに伴う広報・経営企画のような部署では、その重要性は理解しているものの、
具体的なアクションに繋げられていない、なかなか変化を起こせないというお悩みもよく聞かれます。

もちろん「対社外」へコミュニケーション活動は非常に大切なものですが、
最終的に顧客やパートナーと直接対峙し、企業の価値を伝えていく役割を果たすのは、
現場の一人ひとりの社員や従業員の活動です。

そこで、本セミナーでは、社員一人ひとりにビジョンを浸透させ、ロイヤリティを高めていくために
効果的なインナーコミュニケーションの考え方を、すぐに実行できる具体的な手法論と共にお伝えします。

 

詳細はこちらから

【5月19日】マーケティング部門責任者向け「価値観マーケティングセミナー」


本セミナーは終了しました。

-5月19日(木) 16:00~18:00-

マーケティング部門責任者向け

「価値観マーケティングセミナー」

消費者の”価値観”を捉えることでマーケティングが変わる

 

ブランディングやマーケティングに携わる方にとって、消費者ニーズの理解やインサイトは永遠のテーマです。

しかし、様々な商品・サービスや情報が氾濫し、”消費の成熟化”が急速に進んでいく中で、
真に消費者を捉えたマーケティング活動の難しさに頭を悩ませている企業様も多いのではないでしょうか。

「自社のターゲットがいまいち明確に定まらない」
「ターゲットに関する理解が曖昧、社内の認識がバラバラ」
「消費者ではなく競合を意識した後追いのマーケティングになってしまう」

などの具体的なお悩みもよく聞かれます。

そこで今回弊社では、消費者の「価値観」に着目することで、
深いターゲット理解に基づいたマーケティング活動を可能にする実践的な手法論をご紹介します。

本セミナーでは、
■従来のマーケティングと「価値観起点」のマーケティングの違い
■現代の消費を捉える「日本人の8つの価値観」
■消費者の「価値観」を自社の商品やプロモーション企画へ繋げる考え方

のような価値観マーケティングのポイントを、
事例や体験ワークなども交えながら詳しくご説明させて頂きます。

 

詳細はこちらから

このページの先頭へ戻る