コラム Column

新オフィスに込められた思いとは?

フォワードについて   2018/04/26  

皆さんこんにちは!インターン生の高橋です。
徐々にフォワードでの仕事にも慣れてきて、日々新しい発見があり楽しく仕事ができています!

さて、僕がフォワードにジョインしてから1ヶ月が経つ4月の頭に、フォワードはオフィス移転を行いまいした。
オフィスは一気に広くなり、毎日楽しく仕事ができており、入社早々幸運なことだなと感じています。
(前のオフィスでは、インターン生の自分は狭いテーブルを数人で使っていたのが、今では一人分になりました!笑)

そして、新オフィスはただ広いだけではなく、様々なこだわりがあるようです。
そこで今回のコラムでは、僕が代表の加藤さんとコーポレートデザイン室の西村さん二人に行ったインタビューをもとに、新オフィスのこだわりについて書きたいと思います!

image1 2 4.jpeg

 


まずは、代表の加藤さんにインタビューをしました。

IMG_1658_preview.jpeg

- まずは、新オフィスのコンセプトを教えてください。

やっぱり何と言っても、「オフィスで働いている人はもちろんのこと、オフィスに来る人も前向きになれるような場所にしよう」が大きなコンセプトかな。
フォワードの企業理念として「自らを信じて前に踏み出す人が溢れる世界に」を掲げている以上、そのオフィスも前向きになれる場であって欲しいよね。

後は社員にとって過ごしやすいオフィスにしたいという気持ちが強かったかな。
人生において仕事の時間は長くて、もしかしたら家よりもオフィスにいる時間の方が長いかもしれないから、社員にとってはストレスを感じず、楽しいと感じてもらえるような場所であるのが理想だね。

- 会社に来る沢山の人に気を配る加藤さんならではの考えで素敵ですね!
次に、前のオフィスには無かったオープンスペースのこだわりを教えてください。


まずは機能的な理由になってしまうけど、セミナーを開催できるスペースを確保するという狙いがあったかな。
顧客向けにセミナーを開催することが多いから、その会場を自社で設けたいと以前から思っていたからね。

だけどそれ以上に、執務室と色使いをガラッと変えることで、社員がリラックスできる空間にしたいという思いがあったね。
ソファースペースは特にリラックスできる場所になったと思う。

後は、カフェに似た雰囲気にしてあるから、個人で作業に集中したい時に使用できる空間であって欲しいかな。

image1-3.JPG

image1.JPG

- 確かにオープンスペースはリラックスできる空間になっています。僕も気分転換にオープンスペースでよく仕事をします!笑
会議室については、何かこだわりはありますか?

会議室は、オープンスペースと繋がっているイメージで、色使いもオープンスペースと合わせて設計したんだけど、これにはリラックスした雰囲気で打ち合わせができるようにという狙いがある。
まずはこれが一つのこだわりなんだけど、会議室にはもう一つ別のこだわりがあるんだ。

- もう一つのこだわりとは?

それは、会議室の名前。
会議室の名前を、フォワードが経営しているカンボジアとナイジェリアのプロサッカークラブの名前「アンコールタイガー」と「イガンム」にしているんだけど、これは東京本社で働いている社員が普段関わりが少ない現地でスポーツ事業に携わる人々とも繋がっているという意識を生み出したかった。
一見サッカー好きの俺が自己満足でつけたと思うかもしれないけど、ちゃんとした思いがあるんだよ!笑

image1-1.JPG

image1-2.JPG


- てっきりそうかと思ってましたけど、明確なこだわりがあったんですね!笑
カンボジアとナイジェリアでクラブのために働いている人と東京本社で働いている人が、フォワードの一員として繋がっているんだという意識はすごく大事だと思いますし、僕自身この思いは持ち続けて仕事に励みたいです。
以上いろいろと新オフィスのこだわりについて話していただきありがとうございました!


代表の加藤さんにインタビューした後は、今回のオフィス移転にいろいろと携わってくれていたコーポレートデザイン室の西村さんにお話を聞きました.

写真1.png

- 加藤さんは「オフィスに来る人が前向きになれる場所」がコンセプトだと仰っていましたが、西村さんのこだわったポイントはありますか?

個人的に新オフィスは、インターン生も含めたフォワードのメンバー皆がより一層仕事に集中できる環境にしたかった!
それは、フォワードという会社は、メンバー一人一人の頑張りで成り立っている会社だと思うから、皆のパフォーマンスが最大限発揮できる場所であってほしいな。

そのために、今回の新オフィス設計は、DE-SIGNさんのワークプレイスサーベイ(仕事環境の課題を可視化するツール)をもとにして行ったんだ。
そのおかげで、今まで以上に生産性の高い空間になったと思う!

- オフィスにも西村さんの優しさが表れていますね!
エントランスのフォトギャラリーも素敵ですよね。どのような思いからあのフォトギャラリーを作ったのですか?

まずコーポレートデザイン室で働いている私の立場からすると、エントランスの廊下をただの廊下にするのではなく、コーポレートイメージがつくような空間にしたかったかな。
そのために社員一人一人の前向きな写真を貼って、フォワードに来てくれる方々がエントランス部分から前向きなフォワードらしさというものを感じてくれたらな嬉しいな。

そして、この空間はフォワードのメンバーにとっても意味のある空間になっていて、社員一人一人の成長、前向きな姿勢がこの会社の成長に繋がっていることを再認識させてくれる場所になっているんだ。
普段は忙しくて素通りしてしまうことも多いけど!笑

image1-2.jpeg

- 確かにあのフォトギャラリーは、フォワードという会社がいかにして成長してきたかが伝わって来る空間になっていて、インターン生の僕にも感慨深い場所です。

インターン生の高橋くんにもそのように思ってもらえているのは嬉しいね!
将来的には、前向きな人にどんどん入社してもらい、会社の成長に伴ってフォトギャラリーの写真が増えていくようにしたいと思っているんだ。
お互い頑張って会社の成長を支えていこうね!

- はい!僕も会社の成長に必ず貢献します!

以上、加藤さんと西村さんから新オフィスのこだわりを聞いてきました。
二人にインタビューしてみて、新オフィスはただ働くだけの場所ではなく、社員のコミュニケーションを活性化させたり、社員のモチベーションを高めたりする工夫がなされているんだということがわかりました!

ちなみに、僕が個人的に気に入っている場所は、加藤さんも特にリラックスできると言っていたソファースペースです!
ここはソファーでリラックスできるだけではなく、様々なビジネス雑誌や書籍が置いてあるため、インターン生の僕は日々インプットに励んでいます。

写真2.png

次回は、他の社員の皆さんにも新オフィスの気に入っている場所をインタビューして、コラムで紹介したいと思います。
是非ご期待ください!

このページの先頭へ戻る